弱き心に苦悩しそれでも強く立ち向かい続けた音楽家

ビル・エウ”ァンスは1929年8月16日、アメリカニュージーランド州の裕福な家庭に生まれました。
エウ”ァンスが音楽と出会うきっかけとなったのは父で、兄のハリーと同様幼い頃から音楽を学ばせました。

クラシックやジャズに関心を持ちアマチュアバンドを組んで音楽を楽しんでいました。
1946年に大学で音楽教育を専攻し、この頃「ウ”ェリー・アーリー」をすでに作曲していました。

充実していた日々を送っていた大学卒業後、1951年アメリカ陸軍の兵役を強いられてしまいます。
この頃生涯彼を苦しめることとなる麻薬に手を染めてしまいます。

1954年兵役を終了し、ニューヨークで音楽の才能を開花させ、優秀なピアニストとして知られるようになりますが、この頃出したデビューアルバムは500枚しか売れませんでした。
1958年にはマイルス・デイウ”ィスのバンドに加わりますが、彼のドラッグ依存や人種の違いなどから、すぐにバンドを離れる事になります。

1959年にポール・モチアンとスコット・ラファロとトリオを結成しました。
3人の音楽は、従来までの楽器のあり方を覆し、新しい方向性を示し高く評価されました。

リバーサイド四分作を収録した直後ラファロが事故死し、エウ”ァンスは相当なショックを受けトリオの活動も停止しました。
1966年亡くなったラファロの後継者となる、エディゴメスを新しいメンバーに迎えました。

ゴメスは若く才能に満ち溢れていて、3年後にはマーティー・モーテルをトリオに加えました。

1973年には私生活でショッキングな出来事が起きました。
エウ”ァンスにはエレインという長年連れ添った恋人がいましたが、新しい恋人ネネット・ザーザラと結婚するため別れを切り出しました。

傷ついたエレインが自殺を図りエウ”ァンスは非常にショックを受けます。
後に発表された「Hi Lili,HiLo」はエレインに捧げた物です。

この頃からバンドのメンバーが交代や脱退を繰り返し、ラストトリオとなるマーク・ジョンソンとジョー・ラバーバラと活動を始めます。
この頃エウ”ァンスの薬物中毒は深刻化し、演奏にも影響が表れ始めていました。

妻と息子とも別居し年の離れたウェイトレスと愛人関係になります。
薬の影響で歯がぼろぼろになり、注射の影響で手が動かず片手で演奏したこともありました。

バンドのメンバーは、治療に専念するように説得しましたが、エウ”ァンス本人はそれを拒否しました。
51歳の若さでこの世を去るまで、彼はピアノに向かい最後まで音楽を心から楽しんでいました。
トップページ

コメントは受け付けていません。