人種差別の壁を越え人々に自由と夢を与えた音楽家

ライオネル・ハンプトンは1908年4月20日に生まれ、数々の音楽を世に排出し、94歳でこの世を去りました。
出身地はアラバマ州バーミングハム又はケンタッキー州ルイビルと、諸説あります。鉄筋の一種のウ”ィブラフォンを最初に世に広めた人物だと言われています。
音楽の始まりは、ドラマーとしてでした。1930年末ジャズミュージシャンのルイ・アームストロングに勧められたのをきっかけに、ウ”ィブラフォンに出会います。
1936年には「シング・シング・シング」などを手掛けた音楽家ベニー・グッドマンのバンドに、ウ”ィブラフォン奏者として参加しました。ベニー・グッドマンのはからいで、白人黒人関係なく一緒に音楽を楽しむ姿が、人種差別の激しかった時代に人々に驚きと喜びを与えました。
その後も、ウ”ィブラフォンの奏者として地位を確立し、数々の賞を受賞します。自身のリーダーバンドで精神的に活動するにとどまらず、バンドから数々のジャズ・ミュージシャンを排出させ、音楽界に貢献しました。

そのマルチな才能で、ボーカリストとしても開花し広く人気を博しました。心臓発作で倒れる1995年まで精力的にライブ活動を続けました。
トップページ

コメントは受け付けていません。