国際親善名誉市民の優しい作曲家

エドワード・ケネディ・デューク・エリントンは、アメリカ合衆国に生まれ、幼い頃から公爵の様な気品溢れる振る舞いと、きちんとした身だしなみから、親友から公爵の意味にあたる「デューク」と呼ばれていました。 そのあだ名にふさわしく、父親は著名な白人医師ミドルトン・カスバートの執事で、恵まれた環境の中、小学生の頃からピアノを習い始め、音楽との運命的な出会いを果たします。 後に「20世紀最大のジャズ・

続きを読む